不動産をより高値で売りたいとお考えの方へ

弁護士が開催する競争入札で不動産を有利に売却

弁護士の立会で公平・安心

お問い合わせはこちら

通常、不動産を売却する時には、こんなことが起こりがち

売主の心理により起こること

普段からの慣れ

所有権の維持・管理を依頼している、付き合いのある管理会社に不動産の売却を依頼をしてしまう。

売買が主じゃないけど慣れてるから!

納税の時期

相続税納税に伴い、現金化のために不動産の売却を急いでしまう

財産分与と納税ができてホッ!

不動産会社の心理により起こること

開発会社の思惑

相続物件の場合、売主心理を逆手にとって、土地等を安くた買うための動きになる。

安く開発できるぞ!

仲介会社の思惑

仲介会社は、自社のお客様に購入させたいので、安く購入するための動きになる。

仲介手数料を獲得!

結果的に、想定よりも安い価格での売却になってしまう場合が多い!

安く売却するとこんなことが・・・

  • もっと高く売れる相手がいるのでは?と疑問がわきます。

  • その売り出し価格は適正だったのか?と関係者に問われます。

  • もっと高く売れる方法があったのでは?と後悔します。

ちなみに、売主自ら交渉したり、
特定の不動産会社に依頼しただけでは
本当に最高の価格で売却することは
非常に困難です!

ひとつでも心当たりのある方は…

相続や資産の組換えの時に買い叩かれることのない、
皆が納得の売却方法があります!

開催は弁護士に依頼するから透明性が高くて安心! 

中立的な立場で、
客観的な査定
安心感のある、
弁護士による立会
裁判所が行う公売・競売のような
入札環境を民間で実施!

不動産売却に関する無料相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-5949-6155

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

競争入札での売却事例

事例1(東京都港区 宅地、店舗、地上3階 地下1階、RC、地積:200.55㎡、延床面積:380.2㎡)

査定価格

3億200万円

落札価格
(売却価格)

3億6500万円

入札(入札数:5件 )

  • 3億6500万円

  • 3億4600万円

  • 3億4300万円

  • 3億3300万円

  • 3億円

初期の物件評価額よりも21%高く売却することが出来ました。

事例2(東京都渋谷区、宅地、店舗、診療所、地上6階 地下1階、RC、地積:67.23㎡、延床面積:365.31㎡)

査定価格

4億9800万円

落札価格
(売却価格)

5億5800万円

入札(入札数:9件 )

  • 5億

  • 5億800万円

  • 5億1500万円

  • 5億1940万円

  • 5億2400万円

  • 5億2600万円

  • 5億3200万円

  • 5億4200万円

  • 5億5800万円

初期の物件評価額よりも12%高く売却することが出来ました。

競争入札の流れ

コンサル契約締結

現在の資産や負債について現状をヒアリングさせていただきます。
それらを伺ったうえで、最適なプランをご提案します。

競争入札用資料準備

不動産登記簿をはじめ購入を検討いただく際に必要となる不動産の情報を示す資料の準備や売却予定価格を決めるための査定を行います。

入札参加者募集

現在の資産や負債について現状をヒアリングさせていただきます。
それらを伺ったうえで、最適なプランをご提案します。

入札参加者募集

ここから弁護士に依頼をして、弁護士から競争入札の開催を各不動産会社に案内をします。

競争入札開始

期限を決めて、不動産会社からの入札を待ちます。
その間、不動産会社からの質問への対応や物件によって内覧も実施します。

開札・売却決定

期日に入札を締め切り、後日売主様立ち合いで全ての札を開札します。
その中で一番高値を付けた買主に売却を決定。売却手続きに入ります。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お気軽にご相談ください(無料)

03-5949-6155

お問い合わせはこちら

こんなご相談もお任せください。

空き家、空アパート、マンションについては、グループ企業の別法人で、
法人用の社宅斡旋や管理を行っておりますので、エリアによっては法人客をご紹介することが可能です。
利回りを上げてからの売却も可能になります。